« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月30日 (土)

風邪の季節

 台風14号が関東地方にも近づいているという天気予報。
心配ですね。どうか大事にならないように願っております。

10月27日に、7cmほどの雪が積もり日当たりの悪い所には
まだ残っています。昨日も今日も好天です。もう少し紅葉を
待って・・・と、冬囲いを後回しにした「サラサドウダンツツジ」
今日は、雪囲いと思いましたが風邪気味で休みました。

肺炎予防&インフルエンザ予防接種、うがい、手洗い、マスクと
注意していても、風邪は引きます。風邪のせいでもあるのですが、
どうも、耳の聞こえが悪い・・・と思っていましたら、先日行った
「めがね屋さん」から、補聴器のカタログ郵送されてきました。
広告なのですから偶然ですけれどね・・・
それで・・・補聴器のカタログ届く齢(とし)となり     クシュン

*何時もなら真っ赤に紅葉の「サラサドウダンツツジ」
今年は、まだ黄色で雪を被ってしまいました。 10/27撮影
2010_1027_2
 

2010年10月27日 (水)

木枯らし

 昨夜は、かなり強い風が吹いていました。
つい「更け行く秋の夜~♪」真夜中に♪旅愁を口ずさみました。

今朝は雪が積もり、新聞配達の方の靴跡がくっきり!これから
大変なお仕事です。女性も配達しています。ありがとうございます。

小樽築港駅に近く、いつも行く市場は今日休業日ですが、
この市場前から見ますと、電線に邪魔されず「小樽天狗山」が
とても良く見えます。また、一本海岸近くの道路へ出て、
ヨットの係留する海岸へ出ますと、雪の増毛連峰が見える
のですが、今日は曇りではっきり見えず残念でした。
これから、空も海も鉛色の日が多くなります。
「おでん」にお酒・・・美味しくなりますよ(笑)。
*晩秋・・「小樽天狗山(532.4m)」
*今朝の轍と靴跡
Tengm 2010_1027_1

2010年10月26日 (火)

初雪

 朝6時でも暗く、今日も時雨模様のお天気かと思っていましたら、
7時頃から雪になりました。いよいよ、寒くなって参ります。
でもまだ10月末、これから小春日和の日もございましょう。

小さな鉢物は家の中へ取り込み、まだ咲いていた残り花・・・
ホトトギス、ダリヤ、シュウメイギク等は切花にしていましたので、
先ずは良かったと思いました。

一日中、ストーブを使うのは、灯油代!年金生活者には痛い
出費ですが、これから冬の楽しみもありますからまぁ、
仕方がないとしましょう。小樽が好くて暮らしております(泣笑)。

今朝の雪。タチアオイの葉に雪が・・この上に2mも積もりますが
来年又、綺麗な花が咲きます。
2010_1026_2

2010年10月24日 (日)

雪虫(ユキムシ)

 今日の小樽は、とても暖かな日曜日です。お昼頃で気温14℃です。

近くのスーパーマーケットで日曜特売ですから、ショッピング・カートを
引いて出かけました。途中「雪虫(ユキムシ)」に悩まされました。
衣服の所構わず引っ付いて・・・これは「フー」と息を吹き付けて
払うしかありません。

雪虫は「雪の妖精」とか「雪の伝令」とかいろいろと言われるのですが、
タマワタムシ科に属するアブラムシなのだそうです。
北海道では、トドネオオワタムシと言う少し大きめの虫も含めて、
ワタムシやアブラムシとは言わず「雪虫(ユキムシ)」と言いますね。
小さくてカメラに撮れませんでした。

この虫が現れると一週間もすると「雪が降る」と言われていますが?
さてどうでしょうか・・・・
何故かこの虫に出会うと、冬支度に気が急き立てられるのです。
*まだ雪囲いには早いと思いますが昨日、括りました。
Dscf4002

2010年10月22日 (金)

もう冬支度

今日はとても温かな一日でした。
ご近所でもう、窓に雪囲いや、樹木の冬囲いを終わったお宅あり、
ちょっと気が急いて来ました。

夏の異常気象が影響したのか、昨年はとっくに紅葉していた
「サラサドウダンツツジ」はまだ、葉が青々しています。
冬囲いはもう少し先にしようかと思っています。

一昨日、小樽のウォール街と言われた銀行街を歩いていましたら、
もくもくと黒い煙!不完全燃焼か?石炭の使用か?
旧M物産ビルの煙突からスチーム暖房の煙が上がっていました。
いよいよ暖房を使う季節。少し寒いと感じる日は、日中でもバスも
スーパーも暖房で暑いほどです。

今日来年の「お年玉年賀はがき」の注文をしました。今年も我が家の
プリンターで作成しますが、どのようなお年賀状にするか・・・・

*煙突の煙            *赤い実「リンゴサンナシ」
Dscf3998 
2010_1022  

2010年10月17日 (日)

小樽の貴重な遺産

 今年は、北海道鉄道開業130周年なのだそうです。
特に小樽は、手宮と札幌をつなぐ線路が最初に敷かれた所で
「鉄道発祥の地」。手宮線は1985年に廃止されるまで
約105年もの間、利用されていた鉄路です。

「小樽市総合博物館」に展示されている
・しづか号(1885年に輸入された蒸気機関車)
・い1号一等客車(1892年製造・道産最初の一等客車)
・大勝号(1895年道内で製造、現存する最古の国産機関車)
この度、道内鉄道開業130周年を記念して鉄道記念物に
指定されました。・・・北海道新聞10/17朝刊から・・・

手宮線を利用したことのある者にとって廃止はとても残念と
今でも思います。
函館本線の南小樽から手宮線に入っていました。

手宮線では途中、街の中心部に色内駅もあり、もしも今、
現存していたならば、金融資料館(旧日本銀行小樽支店)、
小樽文学館・美術館また、旧日本郵船小樽支店が沿線にあり、
小樽運河へも近くどんなにか好かったことだろうと思います。

最近、旧色内駅向かい、文学館・美術館の側にあった
ポプラの並木3本、倒れたら危険というので切り倒されました。
*小樽総合博物館に展示の「しづか号」・・クリックして
 大きい画像でご覧下さい。
 K009

2010年10月14日 (木)

烏賊(イカ)のお刺身

 収穫の時期を迎えて野菜も果物も、地物が店頭を賑わせております。
まだ早いのでは・・・と思いますが漬物コーナーも見受けられます。

市場やスーパーでは、魚類も秋の味覚!出回って来ました。
中でも、烏賊(イカ)が目に付きます。今日、購入しましたが、3杯で
290円。夕飯時に「イカサシ」を作って食しました。

この「烏賊の刺身(イカサシ)」には、いろいろと薀蓄があって、
浜の人たちは朝食べるもので夕食には食べないようですね。
海から揚がったイカを新鮮なうちに食べます。朝食の「おかず」です。

函館近郊に住んで居た時、朝早く「イガ、イガ、イガー」の売声に、
起こされました。眠い目をこすりながら入れ物を持って買って来て
朝食のおかずでしたが、朝、お刺身はちょっと戸惑いました。
また、小樽市朝里温泉町の旅館でも朝、「イカサシ」が出て、泊り客に
喜ばれております。

わさび、赤とうがらし、大根おろし、生しょうが、と、家庭によって、
好みによって、食べ方がありまして・・・我が家では生しょうがを添えて
食します。赤とうがらしも美味しいと思います。

今年は、一般に不漁ということです。少しでも安く、活きの好いイカを
みつけたら購入して、イカの粕漬けや塩辛、スルメも作りたいと、
思います。
*写真は30センチの盆ザルに載せて撮った烏賊(イカ)。
 大きいでしょう?これで今日は290円。お刺身にして美味しかったです。
 2010_1014

2010年10月12日 (火)

予防接種(インフルエンザ)

 今夜は雷様のお出ましで、少しの間ですが、パソコンほか、
コンセントを抜いておりました。以前、雷でパソコンを傷めた
ことがあり、恐ろしいです。
ようやく雨も止んで静かになりました。

今日は午後2時の予約で、健康管理で行きつけのクリニックで
検診を受けました。

前に予防接種を受けに行ったとき、血圧が高めと言う診断で
それから2ヶ月ごとに通院しています。今はもう大丈夫です。
健康管理ということで診て貰うのは、自分でもかなり日常の
暮らし、特に食べ物について気をつけますから好いことだと
思っています。血液検査で60代初めの状態と知らされますと
それだけでも、若返ったような気分でおります(笑)。

ついでに、今年の「インフルエンザ」予防接種も受けました。
「新インフルエンザ」予防も混合のワクチン、公的補助も
ありますから、1000円です。まぁ、100%とは行かないまでも、
安心料ですね。これも私の冬支度の一つです。

この夏の猛暑で、紅葉の心配もありますが、暑くてお米の
収穫にも影響があるとか・・・・北国におりますと、お米は
冷害の心配と言うのは今まで聞いて来た事ですが、暑さも
また、難しい問題を引き起こしているようです。

*ナナカマドと、八重の秋明菊
 Dscf3965              2010_1009july70002

2010年10月 9日 (土)

ウォーキング

 今日は薄曇りながらも、秋らしいお天気でした。私は、
毎日が休日の様ですが、土日祝日と連休が定められていますと、
何となく「休み!」の気分です。午前中、中学時代の友人7人と
市内中心部にある喫茶店で雑談。その後、入院中の叔父を
見舞って、病院近くの「小樽長橋なえぼ公園」内を歩きました。

散歩と言うか、ウォーキングと言うか・・・体育の日に因んで、
ウォーキングとしましょうか。
この公園は春は5000本のエゾヤマザクラの名所で、道内で
一番古い森林公園です。通った小学校の近くですから、
昔から良く知っている所です。

ここが苗圃(なえぼ)として幼木を育てていた頃は白い割烹着姿の
「おばさん」達が、忙しそうに雑草をとったり植え替えをしたりして
いましたので、その姿が目に浮かびます。

とても整然とした、なかなか自由に入り込めない場所でした。
何時からか・・・自然公園の名の下に、すっかり様相が変ったと
思います。今年の夏の暑さは格別でしたが、台風の来なかった
年にもかかわらず、樹木の葉が枯れたようになって、
期待している紅葉がどうなるのかとても気にかかります。どうか
綺麗な紅葉の時季を迎えることが出来ますようにと願います。

公園内をウォーキングしながら、写真も何枚か撮りました。
ホームページの更新もあるし、この連休は身近なところで
のんびり過ごそうと思います。
(いつも遠出は無しの暮らしですが)【笑】。

*小樽長橋なえぼ公園・「森の自然館」を望む入口付近。
*園内2010_1009 でみつけた「野薔薇の実」。

2010_1009_1

2010年10月 6日 (水)

国境碑

 日本にも、かって国境があったのだ・・・と、ここへ来ると
感慨深いものがあります。

 明治37年(1904)日露戦争勃発。
翌年終結のポーツマス条約で、樺太の南半分が日本の領土と
なり、明治39年(1906)11月に、新築の日本郵船小樽支店で
「国境画定会議」が開かれました。

この建物は、工部大学校(現在の東京大学工学部)の第一期生
佐立七次郎の設計で彼の建築したもので現存する唯一の建物です。
明治39年(1906)10月落成。
現在は重要文化財に指定されています。
内部には、会議の開かれた会議室(2階)、また、展示室には、
「国境碑」の複製や、本物の拓本など展示されております。

*旧日本郵船株式会社小樽支店並びに会議室、国境碑(レプリカ)。
 尚、建物の写真は春に撮ったものです。今日(9/6)通りましたら
 前の道路で、電線の埋設工事をしていて写せず残念でした。
 屋根部分の細かな細工が見事です。
Yusen5 Yusen6              Yusen7

2010年10月 3日 (日)

登山

 タイトルに登山などと入れますと、何処か登山でも・・・と、
思われる方もいらっしゃることでしょう。ごめんなさい。

海をこよなく愛している夫と暮らしてから、山へは登らなくなって
もう52年になります。

中学時代は、登山の好きな漢文の先生が、幼少時ご近所だった
ご縁で、友達何人かと誘って下さいまして・・・・
小樽の天狗山・後志管内羊蹄山・ニセコアンヌプリ、高校時代も、
ニセコやイワオヌプリ、その後は空沼岳・昭和新山・恵山・黒岳・・・
あと一つ・・・アァ何処でしたっけ?登山家には笑われるような山
ですが、苦しかったことよりも、楽しい思い出が一杯です。

夏休みに登ったことが多かったので、秋が訪れますと、紅葉が
美しいであろう、もう一度行ってみたいなぁと・・・思い巡らします。

湯冷ましを水筒につめて、水分補給のために畑のキュウリや、
トマト。菓子類など無かったし、缶ジュースもミネラルウォーターも
まだ、見たことも無い時代。若さと健脚だけが頼り!

今日は薄曇りながら歩くには丁度好いお天気でしたので、叔父の
入院を見舞ってから、テクテク歩いて、市内長橋町から清水町、
豊川町へと山坂を歩いて、色内町にある「旧日本郵船小樽支店」
まで行きました。この建物は重要文化財になっています。
この辺りは、北海道で一番古く鉄道の敷設された小樽市手宮の
近くです。旧日本郵船の建物については後日、記したいと思います。
*写真は長橋町の高台から写した「小樽・丸山(629m)」です。
 野の花が美しい山です。小中学校では写生にこの山を入れて
 描くのが好きでした。長橋なえぼ公園から望む「丸山」が懐かしい。

2010_1003_4

2010年10月 1日 (金)

10月・神無月

 10月に入りましても、 いつもの年より、とても暖かく感じます。
日中、所用で出かけましたが、秋の装いで出かけましたら今日も、
汗をかいてしまいました。でももう、夏のブラウスではねぇ。
このブログを書いている途中で、ストーブに火を点けました。

10月は衣替えの季節。小学生の孫の「学習発表会」、月末には
そろそろ冬支度です。木々の冬囲いも心配しなければなりません。
もしかしたら、初雪を迎える日も・・・あぁ・・・・
秋の行楽に好い季節と言うけれど、我が家は・・・あぁ・・・・
ため息ばかり多くなります(笑)。一年は本当に早いと思う月です。

お天気が好いと家のベランダからの景色、石狩湾を挟んで見える
「増毛連峰」も、はっきり見えるようになります。
秋晴れの好い日に「天狗山」へ登って深呼吸でもして来ようか・・・
何か一つくらい楽しみなことも、カレンダーに予定を入れましょう。
あぁ・・・そうそう、秋の夜長に、積んである本も読みましょう。
*ベランダから望む石狩湾・・・遠くに増毛連峰
 Town1

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »