« 楢(ナラ)の木 | トップページ | 老人週間・・・・・ »

2010年9月14日 (火)

雑草と言うけれど・・・

 このところ、すっかり凌ぎやすくなりました。
スーパーへ行く途中ちょっと遠回りして道端の雑草を眺めたり、
家の周りの草とりをしたり、外周りのこともし易くなりました。

 雑草と言うけれど・・・名も無い草などと言いますが、学者の
お付けになった名前がついていますねぇ。
スズメノカタビラ(イネ科)。可愛い名前がついています。いつも、
踏みつけて歩いています。

また、あちこちに蔓延っている草が、外来種であることに驚きます。
・キレハイヌガラシ(アブラナ科)欧亜大陸の原産種。
・アメリカセンダングサ(キク科) ・セイタカアワダチソウ(キク科)
 この二つは北アメリカ原産種。どこでにも生えています。

・ヒメジョオン(キク科)も北アメリカ原産種で、江戸時代の終わり頃、
日本に渡って来たそうです。姫女苑と和名のついた楚々とした
「野の花」ですね。

幸いにも、春から晩秋まで、道端で「野の花」を楽しんでいますが、
段々と、綺麗な花ほど消えていってしまいます。
「道草をする・・・」という言葉がありますが、のんびりと「野の花」を
愛でて暮らす風流人で暮らそうか・・・・と、ふと、一人笑い・・・。

他人が見たら「あの人ボケたのかしら?」なんて言われそうです(笑)。
・・参考書・・北海道植物教材図鑑(北海道新聞社)

*クサフジ(マメ科)左 近くの山際で・・
 

*ハナキリン(マダガスカル原産)右
年中咲いているので重宝!と思っていましたら、毒があり、
子供、特に幼児のいる家庭では、汁が皮膚に付着すると、
炎症をおこすそうですよ。

Dscf3888Dscf39071 

« 楢(ナラ)の木 | トップページ | 老人週間・・・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

t.s さん、コメントいただいておりましたのに、失礼いたしました。
このところ、小樽も気持ち好いお天気続いていますねぇ。
ゴルフ楽しいでしょう。お体おいとい下さいね。
いつも若々しいt.s さん!24日にはサテライトでお会いしましょう。

hiroさんいろんな花を知っていらしゃいますね、スズメのカタビラゴルフ場の出来た当時は此の草が一杯生えていてボールの落ちた何所がわかりづらく大変だったそうです今は綺麗に整備されて生えていません。懐かしいなーと思いました。

 寅次郎様 こんばんは。いつもコメントありがとうございます。
 花と言うか、植物は何らかの「毒性」を持っているようですよ。
良いほうに効く成分の多い植物は、漢方薬などのように
使われて来たのでしょうね。
その道の学者が研究していますから、危険な植物は販売も禁止でしょう。

ハナキリンのことは、最近知りました。棘がありますから取り扱いに
気をつけなくてはと思います。年中花が咲いています。
園芸店で売っていますから、神経質になることもないですね。
孫の来る時は、触らない所へ置いています。

hiroさん、こんにちは。
今日は関東地方も秋風が吹いています。

ハナキリンは街でも売っている花ですが、毒があるとは知りませんでした。
気をつけます。

 こやすさん、おはようございます。
ブンチョウ可愛いいですね。鳥篭から出したら外へ飛び出してしまい、
どうしようか・・・と思い慌てて手を叩いたら私の肩へ戻って来ましたよ。
ある時、悲しくも土に返してから、飼うのは止めました。
ハコベを見ると思い出します。

こどものころ、家で飼っていたジュウシマツやブンチョウなどの小鳥に、その辺に生えていた はこべ を摘んできて、与えていたものです

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 楢(ナラ)の木 | トップページ | 老人週間・・・・・ »