« 新緑 | トップページ | 入梅の便り・・・・ »

2010年6月14日 (月)

オダマキ

 しばらく手の行き届かなかった家の周りの雑草、
2週間ほどの間に少し目に余って参りました。

ハコベもオオバコも抜くには惜しい様な瑞々しさ。
その中に、何処からか種が飛んで来て根を下ろしたように
オダマキが咲いています。何時だったか、雑草にしては葉の形が
「?何だろうか・・・」と、抜かないでいて良かったと思いました。

山に住んでいますと、今までにも思いがけず「小さな鉢物」が幾つも
出来るほど、新しい木の芽、草の芽に出会いました。
「イチイ」は、5cm位でひっそりと木陰に根をはっていましたが、
20年余りの間に1.5m位に伸びて秋には赤い実が生るまでになりました。
こちらでは「オンコの実」と言っているのですが、焼酎に漬けて置くと、
心臓の薬になるそうです。

多分、人々の暮らしが入る前には、豊かな森であったでしょう。
栗の木、桑の木、驚くほどの大木が残っています。
近くには栗林が有ったそうです。
いつの間にか消えてしまった「スミレ」「オオウバユリ」。
知らない間に、雑草として消してしまったのか・・・
反省しているところです。

*オダマキ2種
2010_0612 2010_06130

« 新緑 | トップページ | 入梅の便り・・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 寅次郎様 こんばんは。
コメント何時もありがとうございます。

オダマキは、紫色とばかり思っておりましたら、最近は
形も色も様々ですね。一度も種を蒔いたことはないのですが、
まぁ、色々と咲いております。種が飛んで来るのでしょうね。

今日は、マムシグサもみつけました。

hiroさん、こんにちは。
オダマキ、何処からか種が飛んで来たのでしょう。
我が家でも、種が落ちてとんでもまい所にオダマキの芽が出てきます。
これから増えますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新緑 | トップページ | 入梅の便り・・・・ »