« 港が見える丘 | トップページ | 桜 »

2010年5月11日 (火)

「港が見える丘」Ⅱ

 小樽手宮公園のことを、私は勝ってに「港が見える丘公園」と
言っているのですが、子供の頃この近くに親類があり、桜の季節、
秋の栗拾いによく行ったものです。栗林はこの公園が北限と
聞いていました。

今日夕方のNHKローカル番組で「ネットワーク特集」として、
小樽手宮公園の桜のことが放映されていました。
80%の桜がテングス病に罹っているそうです。
地元の方々が、近くの中学生の協力も得て、管理している
様子が出ておりました。小樽市の助成金も出して貰えるように、
大変な努力です。

昔観た桜!華やかな「港が見える丘」の再生を祈ります。

*小樽市桜町のサクラ (5/11)満開です。写真は(5/9撮影)
2010_0509 2010_05091

« 港が見える丘 | トップページ | 桜 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

寅次郎様 こんばんは。
いつもコメントありがとうございます。嬉しいですよ!

小樽手宮公園は、明治33年頃から整備されて、市民の
お花見にとても好い所です。港を眺めながらお花見弁当
いいです。あぁ、寅次郎様ならお花見酒!
(まだここでお花見したことはありませんけれど・・・)。

桜も年数が経って、疲れて来たのでしょうね。ひと頃の
華やかさが無くなって、それに、天候不順が重なり
とても残念です。今週末に満開を期待しております。
また、行って観ます。

hiroさん、こんにちは。
小樽手宮公園といいますか。
「港の見える丘公園」も感じが出ていますね。
テレビは見なかったので事情は分かりませんが、皆さんの努力が実るといいですね。

そうですか、栗はこの辺りが北限なのですか。
今後地球の温暖化でもっと北上するかも知れませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 港が見える丘 | トップページ | 桜 »