« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月31日 (月)

初夏・・

 土曜日から、三日続きの晴天、風も無くまぁ、穏やかな日和です。
小樽市内小学校の運動会も、大方予定通りに済んだようです。

近年は、この季節雨にたたられて、久し振りに気持ちの良い、
楽しい運動会ではなかったでしょうか。
前日から,見物の席取りで目くじら立てたり・・・子供達の運動会を
懐かしく思い出します。
この頃は席取りも「クジ引き」になったそうです。

家の周りを見渡しますと雑草が・・・。夫は「おい、草生えて来たぞ」。
今朝は草取りから始まりました。又明日はもっと早起きして「草むしり」
しようと思います。腰が痛くなりますねぇ。よっこらしょ!です(笑)。

今まで寒かったので花の咲き方が遅いです。いつもなら咲いている
花々、ようやく蕾を持って来ましたが咲き方が悪い。天候のせい
ばかりではなく、あれこれ手を抜いているからでしょう・・・きっと。

好きな花で「ヒメシャガ」が少し咲き出しました。これは花が落ちても
いつまでも、葉が青々して晩秋まで続き、黄色い葉になります。
この家に引っ越してきた時、クリーニング店のおばさんにいただいて、
もう、20年以上も毎年、楽しみにしている可愛い「お花」です。私の
ホームページ・アドレスにも「syaga」として入れております。
*写真・ヒメシャガ(クリックして大きくしてご覧下さい)。
Syaga

2010年5月27日 (木)

八重桜

 いつの間にか桜も梅も桜桃の花も散ってしまい、2~3日前から
八重桜が満開です。今朝、夫の検診日で、近道をして山道を
ハイヤーで通りましたら、近くの道営住宅の周りの八重桜が
満開でした。

少し曇りの日は、デジカメには都合がいいので、帰宅後また、
山道へ向かい、写真を撮りました。

子供の頃、祖母や母が八重桜の葉や花を塩漬けにして、
お祝い事や、また、おやつの時ほんのり香りのよい「桜湯」に
して飲んでいたことを思い出しました。今、家には八重桜は
ありませんが、以前、公宅の前に大きな八重桜あり、真似て
塩漬けを作りましたが、しばらく瓶詰めにしていて楽しみました。

どうも、食い気で・・・八重桜観て・・・イロケなしですねぇ。

*八重桜(クリックして大きくご覧下さい)。5/27
2010_05271 2010_0527

2010年5月26日 (水)

友人の訃報

 23日の夜10時過ぎの電話。はて!不吉な予感。
小学校から同期ノブさんの奥様からの訃報。

「夕方4時半主人が息を引き取りました」と言う知らせを受けました。
昨年秋、中学同期会に病をおして出席していて心配な状態でしたが
まさか・・・こんなに早く逝ってしまうとは・・・・
いろいろなことが悔やまれました。翌朝、お宅へお伺いし最後の
お別れをして参りました。悪性リンパ腫・・10年の長い闘病にも
関わらず、穏やかお顔で静かに眠っているようでした。

家業の他に町内会長や、民生委員・児童福祉などにも
足跡を残した方ですから、いつも、同期会などで会うと、
「私の葬儀委員長も頼みますね」なんて冗談とも、本気とも・・・
言っていたので、友達に連絡したら「あら、葬儀委員長が先に
逝ったわねー」「そうよ、又一人いいカレシに先立たれまして」。
冗談を言いながらも、本当に悲しいことでした。

「都 はるみ」の演歌が好きだったノブさん、奥様には、
お経でなく、「はるみ演歌」を流して欲しいと言っていたそうです。
お子様4人、お孫さんも大勢で、優しい「おじいちゃま」。
お孫さん達には事の他悲しいお別れでございました。
ノブさんのご冥福を心からお祈り申し上げます。



2010年5月23日 (日)

夫の誕生日

 朝から五月晴れの穏やかな一日でした。
八重桜も咲き始め、月末には牡丹も咲き出すようです。我が家の
花海棠や、躑躅も、心なしか蕾が膨らんで来た様です。

今日は夫の誕生日。昭和4年(1929年)生まれの81歳を迎えました。
大病もしましたが、この頃は元気で好きなことをして暮らしています。

趣味は様々あるので、結構お金もかかります。まぁ元気であれば
いいことです。大工仕事(道具を集めるのが趣味ではないか・・・)と。
書道ですが、筆や紙にこだわりあり、趣味であって文字が上手と
言うわけではありません。孫に時々巻紙に手紙をしたためて
楽しんでおります。この頃は「般若心経」や「蓮如の御文」を書いて
いるようです。見かけによらず風流なところありです。
ある時職場の人物紹介に、一見労務者風とあり、面白かったです。

好きな花は「クチナシ」。演歌「くちなしの花」も昔歌っていました。
白い花が好きなようですから「辛夷の写真」を載せましょう。
クリックしてご覧下さい。(クチナシ、ちょっと縁起がねぇ)。

*ご近所の辛夷    *小樽港マリーナ付近
2010_05231_2 2010_05232_3   

2010年5月20日 (木)

雨降り

 朝から雨降りです。久し振りの雨!慈雨です。
新緑の季節、とても活き活きして雨の日もいいものです。

札幌で「ライラックまつり」が始まりますと「リラ冷え」といって
寒い日がありますが、蝦夷梅雨ともいいますよね。
天候不順で年寄りにはちょっと辛いです。

昨日はとてもよいお天気で、友達3人と朝里Kホテルへ
参りました。6月9日から一泊予定の同期会の相談や、
ホテルとの打つ合わせ。昨年と同じ会場なので心配しましたが、
40人出席の返信ハガキを受け取りました。
横浜や東京からも7人の友達が参ります。

中学卒業昭和26年春。卒業して今年で59年経ちます。
元気で過ごし、みんな揃って「後期高齢者」!
同期会も何時まで・・・もうそろそろお開きにと思いますが、
喜寿まで!傘寿まで!と張り切る方もいて困惑でーす。
22日(土)には、世話人一同で細かな相談をいたします。
頑張りましょう。

*一番遅く咲く「チシマザクラ」。家の裏に健気に咲きました。
 2010_0518_2

2010年5月18日 (火)

暖かな一日

 久し振りに20℃の暖かさ。午前中は市立病院の整形外科、
リハビリと駆け巡り、午後からは夫の床屋と眼科へ付き添い。

嬉しいことに、左手首の骨折もようやく治り、リハビリは後一回
通うだけになりました。怪我をしてから3ヶ月。長い様な短い様な。
もう、お蔭さまで手に不自由は無くなりました。

気分的にのんびりして・・・こんな時、小樽運河近くの喫茶店か
洒落たバーにでも行って、美味しいコーヒーかワインでも・・・
思うだけで行ったこと無し・・・せめて我が家でレモン・ティ・・・
書き込み中に日付が変わってしまいました。おやすみなさい。

*黄昏の小樽運河の写真は拝借いたしました。
   そぞろ歩きに好い季節になりました。(クリックしてご覧下さい。)

Dsc06239

2010年5月15日 (土)

五月晴れ

 風はまだとても冷たいのですが、久し振りの五月晴れ。
お昼から買い物がてら、近くの商業施設へ行って来ました。

小樽築港駅から浜へ向かい、潮風を思う存分!何かすっきり
いたしました。岸壁では、家族連れで「チカ」釣りを楽しんだり、
リッチな方々はヨットで・・・波穏やかな五月晴れの一日でした。

*小樽マリーナで。遠くにはまだ残雪の増毛連峰が、はっきり
   見えました。(画像はクリック、大きくしてご覧下さい。)

2010_0515               2010_05151               2010_05152

2010年5月14日 (金)

 今日、地元テレビニュースで、札幌の「桜満開宣言」と報じて
いました。私の暮らす町は暖かいのか・・・葉桜のところもあり、
あっ、と、言う間に散ってしまいます。町の名が「桜」ですから、
町会で毎年、桜の幼木を希望者に配布します。
(無料だったか?どうか?)。それで桜は、とても多い地域です。

桜・梅・辛夷・桜桃・水仙・チューリップ・ヒヤヒンス・・春の花は、
いっぺんに咲き誇り、あの雪で悩まされた冬のことはもう
すっかり忘れてしまいました。
これから、躑躅・花海棠・木瓜・・・次々と楽しみです。
「小樽市の花」は躑躅。「つつじまつり」も5月末です。

話が変わりますが・・・・
家も古くなると普請せねばならず、畳を上げて床板を剥がし、
「たるき」で補強しました。床が「ダオダオ」して来たのです。

口の悪い夫は、私が「ノッシ、ノッシ」と歩くからと言うのです。
スマートな妻に向かって何と言うか・・・と!!
近くの若い大工さん、手際よく短時間でなおし、とても、
住み心地よくなりました。週末は暖かくなりそうです。

2010年5月11日 (火)

「港が見える丘」Ⅱ

 小樽手宮公園のことを、私は勝ってに「港が見える丘公園」と
言っているのですが、子供の頃この近くに親類があり、桜の季節、
秋の栗拾いによく行ったものです。栗林はこの公園が北限と
聞いていました。

今日夕方のNHKローカル番組で「ネットワーク特集」として、
小樽手宮公園の桜のことが放映されていました。
80%の桜がテングス病に罹っているそうです。
地元の方々が、近くの中学生の協力も得て、管理している
様子が出ておりました。小樽市の助成金も出して貰えるように、
大変な努力です。

昔観た桜!華やかな「港が見える丘」の再生を祈ります。

*小樽市桜町のサクラ (5/11)満開です。写真は(5/9撮影)
2010_0509 2010_05091

港が見える丘

 今日の小樽は五月晴れ。わが町界隈は桜満開です。

きっと、桜の名所「小樽手宮公園」も咲いているだろうと思い、
昨日、朝早く起きて夫のお昼の支度をして、8時少し前に
左手首のリハビリへ。終わってから公園へ向かいました。

バスを降りて、坂道を上って行くのですが・・・あれっ?
桜は?ようやく蕾が膨らみかけた状態です。
丁度、私の暮らす町の反対側に位置する公園で、桜の
咲く季節には遠目にも薄っすらと桜林は目立つのですが・・・

夕方NHKのローカルニュース予告で「手宮公園の桜に、
ひと頃の勢いが無い。地域の人々が勢いを取り戻すべく
動き出した・・・」と放映されていました。(今日夕方放映。)
素人の私でも、昔の「手宮公園の桜」は、何処よりも
素晴らしいという印象が強いのですから、やはり・・・
どうしたことでしょう。
満開の桜の間から望む小樽港、遠くの山々の残雪、
「港が見える丘・小樽版}、是非とも、桜の勢いの
復活を心から願いたいものです。

*小樽手宮公園で・・・(5/10撮影)クリックしてご覧下さい。
2010_0510

2010年5月 9日 (日)

北国の春

 7日から埼玉県北足立郡に在住の三女が来て、2泊3日で今日帰宅。
札幌のお祖母さん(102歳)を見舞い、お義母さんにも会ったり、
友達と「お茶したり」、落ち着かない日々を過ごしていましたが、私共は
元気な娘をみて安心致しました。三女と言いましてももう、45歳。

昭和52年頃の春、離島T島へ夫の転勤で行くことになり、乗船するとき、
「夢の浮き島!T島へようこそ!」の垂れ幕を見て、
「お父さん、島はどこへ流れていくの?」なんて不安一杯にしがみ付いて
いた娘も、「大・高・中」と3人の子供の母親。私共には、
何時までも末っ子で心配したらキリがありません。

今日は「母の日」。娘と一時でしたが過ごせたことに感謝です。
何時もより寒くて遅れたサクラも満開になりました。

*写真は今日近所で撮った「サクラ」です。2010_05092

2010年5月 7日 (金)

春はあけぼの・・・

 今日の夕方、NHKのローカル・ニュースで、札幌も「桜開花」と
報じておりました。円山公園の開花標準木「ソメイヨシノ」が、
5~6輪さいたそうです。小樽では、私の暮らしている界隈が
一番早いようで、近くの熊碓川辺り、とても綺麗です。

4月に入り、パソコンも「フラッシュ」の学習となり、難しいです。
しかし面白い!ボランティアで教えて頂いて、先生には心から
感謝です。

先日「朝日の昇る」景色を「フラッシュ」で作成することになり、
とっさに「春はあけぼの。」の「枕草子」の一段を思い浮かべました。
高校時代古文の選択で、清少納言の「枕草子」の受講を
思い出しました。面白くて、この授業だけは休まずにいたものです。

「春はあけぼの。やうやう白くなり行く、山ぎは少しあかりて、
紫だちたる雲の細くたなびきたる。」
・・・さて作成した作品、
雲をたなびかせたつもりが、白く色が抜けたみたいになり、
山際は、消し残しのようになり・・つくづく難しい!!と
思いました。苦心の作「春は曙」、良い思い出になります。
HPの一ページへ載せました。お恥ずかしい・・・・

2010年5月 6日 (木)

桜が咲きました。

 連休の間、風の強い日もありましたが気温が幾分高かったので、
ようやく春らしくなりました。日当たりの好いところでは、桜もほころび
始めました。私の住んでいる所は、市内でも南側に当たり暖かいと
言われています。辛夷もふっくらして参りました。晴れの日が、もう少し
続くとよいのですが、今夜から雨の予報です。明日、三女が埼玉から
来るのですが心配です。

小樽に暮らしておりましても、知らないことばかりです。
特に、歴史的建造物が、小樽駅を初めとして数々現存します。
先日、小樽運河を散策中に運河公園にある
「旧日本郵船株式会社小樽支店」へ行って来ました。この建物は
明治39年10月(1906年)新築。11月にポーツマス条約に基ずく
日露の樺太国境画定会議が開かれたところです。
歴史の教科書にあったような・・・。調度品など大切に保存されています。
それにしても、建築の技術に驚くばかりです。

*旧日本郵船小樽支店と、 待ちに待った桜でーす。
2010_0427 2010_0506

2010年5月 2日 (日)

「アイアンホース号」と「機関車庫3号」・小樽

 今日の小樽は、今年になって一番好いお天気!
家のことを気に掛けていますとキリもないので、思い切って午後から
ぶらり「小樽市総合博物館」へ出かけました。
元は鉄道博物館と言っていたところです。

いつも利用する路線バスに乗ると、25分位で着きます。
行ってみる機会もなかったのですが、この度、4月29日から、修復
された「国指定重要文化財の機関車庫3号」が公開されて、同時に
「アイアンホース号」の運転。乗車も出来るというので行ってみました。

「機関車庫3号」は、1885年(明治18年)に建てられ、機関車が使う
国内最古の車庫。車庫からアイアンホース号の出て来るのは
見ませんでしたが、丁度、転車台で向きを変えているところでした。
「アイアンホース号」は、アメリカで製造されてから昨年100年を
迎えたそうです。(1909年・明治42年・アメリカのH.Kポーター社)
中米のグァテマラや北米で活躍後小樽へ。(何時ごろか?)

黒い煙を吐き、シューシューと、蒸気を上げて客車を引いて構内
の路線を走ります。子供達は大喜びで跳ね回っておりました。
北海道の鉄道の歴史はこの手宮から始まり、
鉄道の起点(ゼロ・マイル)を示す標柱もあります。
小樽に暮らしていてさっぱり土地のことを知らずにおります(反省)。

*アイアンホース号。レンガ造りの機関車庫3号
(クリックしてご覧下さい。)            

                            
2010_0520 2010_0521 2010_0522_2              

2010年5月 1日 (土)

連休

 連休初日の今日、午後3時過ぎになってようやく陽が射して
来ました。このところ天候不順です。
ニュースを観ていましたら、桜前線は青森にたどり着いた模様。
北海道で一番早く咲き出す函館五稜郭公園でもまだ小さな
蕾ですから、小樽では連休過ぎてから咲き出すことでしょう。

4月27日に小樽運河界隈を通りましたら、日当りの好いところの
「エゾムラサキツツジ」が所々、咲いていました。家の近くに
「キクサキイチゲ」も白い花が風に揺れて春を知らせております。
つい先ごろまで、雪の知らせばかりでしたが、そろそろ暖かく
なるでしょう。

今日から5月。怪我で滞ってしまった「やらなければならない事」が
山積みになった感じですが、手帳の計画表を書き直して出直しです。
予定はアクマデモ予定。でも、同期会も6月9日ですから、直ぐです。
何人集まるか・・・係り幹事が集計中。ちょっと大袈裟ですが・・・

話が飛びますが、小樽にも歴史的建造物が多く、連休中一般開放
しているところもあり又、65歳以上は入場料半額といいますから、
晴れたら出かけたいと思っています。それとも・・近くの温泉へでも
行ってみようかなぁ。「お金を使わず楽しむ方法」???さて・・・
我が家の湯船に「○○温泉」のパウダーを入れて温まりましょうか。
どうもこの案になりそうです。

*海上観光船「オタモイ丸」・・お化粧をしなおして待機中。
2010_0427_2 

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »