« 連休 | トップページ | 桜が咲きました。 »

2010年5月 2日 (日)

「アイアンホース号」と「機関車庫3号」・小樽

 今日の小樽は、今年になって一番好いお天気!
家のことを気に掛けていますとキリもないので、思い切って午後から
ぶらり「小樽市総合博物館」へ出かけました。
元は鉄道博物館と言っていたところです。

いつも利用する路線バスに乗ると、25分位で着きます。
行ってみる機会もなかったのですが、この度、4月29日から、修復
された「国指定重要文化財の機関車庫3号」が公開されて、同時に
「アイアンホース号」の運転。乗車も出来るというので行ってみました。

「機関車庫3号」は、1885年(明治18年)に建てられ、機関車が使う
国内最古の車庫。車庫からアイアンホース号の出て来るのは
見ませんでしたが、丁度、転車台で向きを変えているところでした。
「アイアンホース号」は、アメリカで製造されてから昨年100年を
迎えたそうです。(1909年・明治42年・アメリカのH.Kポーター社)
中米のグァテマラや北米で活躍後小樽へ。(何時ごろか?)

黒い煙を吐き、シューシューと、蒸気を上げて客車を引いて構内
の路線を走ります。子供達は大喜びで跳ね回っておりました。
北海道の鉄道の歴史はこの手宮から始まり、
鉄道の起点(ゼロ・マイル)を示す標柱もあります。
小樽に暮らしていてさっぱり土地のことを知らずにおります(反省)。

*アイアンホース号。レンガ造りの機関車庫3号
(クリックしてご覧下さい。)            

                            
2010_0520 2010_0521 2010_0522_2              

« 連休 | トップページ | 桜が咲きました。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

t.s さん、コメントお寄せ頂きありがとうございます。
小樽市内も今まで行ったことが無いところ多いですよ。
ぶらり一人歩きを楽しんでおります。
ようやく桜咲いてきましたねー。朝里界隈も楽しくなりますね。

h.i さん アイアンホース号素敵ですね。私は何年か前に行ったことがありますが。HPに乗せてありましたのを拝見させて戴きこんな素晴らしいところがあるのに出かけてないので解りませんでした。同じ処しか歩いていないので、、、今度行ってみたいと思っています。

 寅次郎様 こんばんは。
いつもご丁寧なコメント恐れ入ります。ありがとうございます。

機関車庫3号中央扉から、蒸気機関車アイアンホース号が煙を上げて
出てくる様子は70年振りなのだそうです。車庫は7年振りに修復されて
公開となったのですが、私が連結する車両に乗車した時も沢山の
鉄道フアンのフラッシュでした。

旧国鉄手宮線は、明治13年に北海道で最初の鉄道として開通。
昭和60年に廃止になりました。今となっては惜しいことをして
しまったものです。路線は一部を除き現存しています。

hiroさん、こんにちは。
アイアンホース号と言いますか。
製造後、101年経っても動体保存されているのは凄い。
鉄道マニアにはたまらないでしょう。
レンガ造りの機関車庫3号は鉄道マニアに限らず歴史ある建物としても貴重ですね。
本州から訪れた鉄道マニアも多いと思いますよ。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 連休 | トップページ | 桜が咲きました。 »