« リハビリ | トップページ | 天候不順 »

2010年4月25日 (日)

鯉のぼり

 何時の頃からか鯉のぼりが「集団」で飾られるようになりましたね。
初めて観たのは定山渓の温泉街を流れる豊平川の上にたなびいて
いました。あれは・・平成2年頃でしたか、母が入院していた病室の
窓から眺めました。新聞記事にもなり珍しいことでした。

小樽でも近年、国道5号線沿いの勝納川の下流位置に「泳いで」
います。町内会の方々が危険を顧みず川に綱を渡し鯉のぼりを
飾って下さるのでしょう。しかし?本当にこれでいいのでしょうか。

近くに、お年寄りのホームもあり、小樽では有名な市場があり、
わざわざ札幌からのお買い物客も多い地域です。
がっちりしたポールを立てて鯉のぼり一式を揚げたらいいのではと、
バスの中から通る度に思います。(お金があったら寄付したいなぁ)。

鯉のぼりは、本当に見かけなくなりました。昨年、珍しくご近所で
男の子が誕生したのか・・・真新しい鯉のぼりを揚げているお宅が
ありました。やはり、鯉のぼりは風一杯に五月晴れの中に元気に
泳いで欲しいものです。*(写真は昨年のものです。小樽市内で)

Koi1_2 Koi3 

« リハビリ | トップページ | 天候不順 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

寅次郎様 こんばんは。
この時間になってパソコンを開けまして、失礼致しました。
いつもコメントありがとうございます。

鯉のぼり、経済的にもまた、住環境にもよるのでしょうね。
童謡にもありますが、鯉のぼりは・・・・
♪「屋根より高い鯉のぼり・・・」ですものね。丸太や、
杉のがっちりした棒(ポール)を立てて鯉のぼりを揚げるのも、
大仕事ですしね。

北海道では菖蒲も笹の葉も出揃う6月、ひと月遅れで
「端午の節句」をしている家庭も多いです。

hiroさん、こんにちは。
関東地方では鯉幟は初夏を思わせますが、小樽ではこれから本格的な春を迎える時期ですね。
それにしても、最近、私の住む街でも鯉幟を見掛けなくなりました。
不況の影響でしょうか、時代の流れでしょうか・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« リハビリ | トップページ | 天候不順 »