« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月31日 (水)

遅い春

 この冬は、屋根がつぶれる様な雪は降らずに済みましたが、
何時までも寒く、3月に入っても真冬並みの寒さが続きました。
街の中は綺麗になりましたが、山側の町はまだ雪が1m位
残っています。家の前は歩き道だけ短靴でも良くなりました。

昨日(29日・月曜日)、左手のギブスを外すことが出来ました。
初めは、シーネという柔らかなものでしたが、治りが悪く、
がっちりと「ギブス」。手の甲までの硬い手枷。これがまぁ、
不便で、リンゴの皮も剥かれないものですから、すっかり夫に
手伝ってもらいました。ありがたいことでした。夫に皮を剥かれた
リンゴは、皮も食べたい状態でしたが、美味しかったですよ(笑)。

ギブスを外し、サポーターにしましたが、装着しますととても楽!
少しづつ訓練して・・・・と思いますが危なっかしい手つきです。
暖かい春を待ちながらリハビリです。
桜の花の咲く頃は、大分よくなっていることでしょう。

2010年3月28日 (日)

あれこれと・・・

 昨日は昼から2時間ほど、中学同期会の相談会を喫茶店で。
「案内」の「往復はがき」に就いての話し合いですが、あらかじめ
下書きして、校正並びに何か言葉足らずではないか・・など、
10人程の幹事に郵送していましたが、音沙汰無し・・・

まぁ、集まってみると、いろいろと話し合いが出来、良かったと
思います。お蔭さまで今日は、半分印刷しました。

小樽北照高校、甲子園での活躍。平凡な試合運びながら、
先ずは一回勝ち進むことが出来ました。
秋田商の生徒さんも惜しい場面ありましたねー。
みんな若くて可愛いですねぇ。

午後、ある会の中継をパソコンで観ることが出来ました。私は、
東京まで行かずに家で、参加の皆さんにお会いすることが
出来ました。どんどん、進歩する世の中、年寄ったとボヤボヤ
してはいられません。でも、のんびりしたいなー。

2010年3月25日 (木)

夫の検診

 昨日は3週間ぶりに青空を仰ぎました。背中に当たる日差しは暖かく、
気持ちの良いものでした。同じ気温3℃でも冬とは感じ方が違いますね。

今日は夫の検診予約日で、朝4時と早く起きて「おむすび」を作り、
朝食抜きでの検査、9時半までにU 内科クリニックへ。
諸々の検査後「おむすび」をいただきます。
もう、20何年か・・・検診日には「おむすび」持参です。

予約時間が決まっていても予定通りには参りません。
予定は予定なのですね。とにかく、混み合うクリニックです。

「必ず付き添って来て下さい」とU 医師。そう言えば男性は連れ合いと
来ています。夫が後1年で定年退職と言う暑い夏に一過性脳虚血症を
起こし救急車で。それは丁度日曜日の昼下がりに座椅子にもたれて
休んでいた時、一瞬、何とも言いようの無い夫の顔の表情にこれは!
救急車のサイレン!夫は、もう、その時気が付いていて、
「何故救急車なんて!」と怒っていたのですが、この日から病院との
付き合いが始まりました。翌年3月末で1年早く退職しました。

その後血栓が悪さをし「A-C心臓バイパス手術」。
後にお腹の手術もしましたが、心配した認知症のテストを受けても
今のところ満点・・・お蔭さまで元気に暮らしております。

今日の検査・検診結果も無事で安心しました。

*満開近い「クンシラン」

2010_0324

2010年3月22日 (月)

待ち遠しい・・・

 この頃は、何か待ち遠しいと言う気持ちばかり・・・
一つには、さっぱり春らしく暖かくならないことですねー。
まだ、冬と同じ。外出するにも、しっかり冬の装い。今日は一日、
買い置きを使いはたしての食事の支度でした。
とにかく寒いですね。

先月、左手首の怪我でギブスをしてから35日、一週間前に診て
頂いたら3月29日(月)までギブスのまま様子みましょう・・とのこと。
その2週間の長い事・・・手枷?ですね。早く外してゆっくりしたい!

4月1日に、春休みの孫娘が埼玉から空路来る予定。夫が1人で
来ると言うので心配しているのですが、もう新学期からは中学3年。
春休みは部活も宿題も無く一番のんびり出来るのでしょう。私共も
また、あちらの札幌のお婆ちゃん(79歳と102歳)も待っています。
新千歳空港まで迎えに行きます。後何日と待っています。
久し振りに孫娘との団欒・・・待ち遠しい!

大根の葉・・・観てるより、お味噌汁に使おうかしら・・・
Daikon

2010年3月20日 (土)

野球

 プロ野球、パ・リーグが今日から札幌ドームで開幕。
ソフトバンクと日本ハムの初戦でしたが、日本ハムは負けました。

札幌ドームでプロ野球の試合がありますと小樽・札幌間の電車も
バスも結構込み合います。札幌駅から札幌ドームへ行く地下鉄
東豊線は特に込みます。福住が終点で一つ手前の駅近くに長女
家族が暮らしていますので、近くですから一度は野球観戦と
思いますがまだ、札幌ドームまで行ったことはありません。

テレビで観ていますと、応援席はものすごい人出でしたねー。
今日は、地元民放と、NHK衛星第一で放映しておりました。

明日21日(日)からは、選抜高校野球大会。
小樽から「北照高等学校」出場、選手宣誓は主将の西田昭央君。
今夜は緊張していることでしょうね。
残念なのは地元出身の生徒が少ないそうですが、縁あって小樽で
スポーツに勉学に励んでいる選手諸君を応援しましょう。・・・
と、地元新聞。そうですね、応援しなくては!

2010年3月17日 (水)

まだ冬の装い

 なかなか暖かくならず、今日、日中でも零下の気温。
3月半ばでも風雪警報が出て、真冬日なのですから本当に寒いです。
温暖化というのですがまぁ、地球全体からみなければとは理解しても
この寒さ、老いの身には辛いです(笑)。

道内で一番早い桜の開花予報は、道南の松前で4月27日。小樽でも
5月の連休にはお花見出来るでしょうか。楽しみです。東京の友達は
今月末に在京の同期生と「お花見」と、メール届いております。
5月には小樽へ来て、2回お花見で浮かれたらいかが?と思います。

ところで桜の花芽が、「鷽(うそ)」に食い荒らされて、綺麗なお花を
観ることが出来ないという被害が出ているそうです。網を張ったりして
管理しているようです。お祝いの折にいただく「桜湯」の一服、
なんとも美味しいのですから、「鷽」も春を満喫しているのでしょう。
でも困ったことです。
*春を待つ小樽運河と、側にある気温表示(2010/3/17 撮影)
2010_0317c 2010_0317

2010年3月14日 (日)

同窓会へ

 昨日、今までに1回しか出席したことのない母校の「同窓会」へ
行って来ました。夕方5時半、札幌駅からは程近い、Gホテルが
会場ですから、私の所からも行き帰りバスにも便利で出かけました。

何時も同期生からは誘われていたのですが夜出かけるのは億劫で
欠席ばかりしていたのですが、昨年、二人の友達が亡くなり、これでは
会いたいと思っている友達を失いそうで、思い切って行きました。

久し振りに会う友達お互いに年を重ねましたが、旧姓ですぐ判りました。
何せ、今年卒業の孫と同じ年頃の若者も同席ですから、オバサン連中は
隅の方でかたまって、立食パーティなのに立っていられず、少ない椅子に
陣取って、ますますオバサン!校風が地味だったから遠慮しての服装。
若者男女はパーティとあって、華やかに着飾ってまぁ、眩しい存在!
総勢何人位だったでしょうか。兎に角、賑やかでした。

「私達、あんな格好してたらすぐ、叱られたわね」
「結構見えない所で不良して、ダンスにも行ったわね」
とかなんとか・・・オバサン達も若者達にエネルギーをもらい、
楽しいひと時を過ごしました。会費無料。
ご馳走は沢山で美味しかったです。ありがとうございます。

・続き・夫に夕飯を支度。行き先をメモ。携帯電話番号を大文字で書き、
気を利かせたのに・・メモの側に携帯電話を置き忘れて出かけました。
筆で「ばかもの」と、夫のコメントあり。

2010_0313

2010年3月11日 (木)

何処かで春が・・・

 昨夜、大雪を心配しましたが穏やかに済み、ほっとしました。
今日は午後から、除雪車が入り、家の前も「短靴」で歩けるように
なりました。でも、路肩はまだ、1m近い雪の山です。

冬の間長靴(ゴム長靴)を履いたことがつい最近まで続いていましたが、
この頃は相当高齢者でもなければ、日常的に履いている人を
見かけなくなりました。長靴から短靴へ、「早く短靴履きたいねー」と、
雪解けが進むと、季節の挨拶言葉でした。「たんぐつ」には、懐かしい
響きを感じます。

昨年秋、小さくて、きっと育たないからと・・・畠の隅にでも入れて
置こうか・・と、篭に入れたまますっかり忘れていた小さな球根、
物置の隅で健気に「芽」を出していてびっくり!
ダンボールの荒縄の上に忘れたのが幸いしたのでしょう。
「ごめん、ごめん」と・・・本当に愛おしく思いました。
どれが「ムスカリ」か、「チューリップ」か。大事に鉢に植えようと
思います。
2010_0311 *「芽」を出して春を叫んでいるような・・

2010年3月 8日 (月)

本屋さんで・・・

 進学や進級の季節には少し早いのですが、「本屋さん」には、
辞書類が沢山並んでいます。時期的には、やはりこれから
新学期に向かって一番売れるのでしょう。我が家でも、孫の
中学進学に、お祝いとして「広○苑」を贈っています。
これだけでは済まないないのですけれどね・・・

これには少し私の想い出があり「広○苑」を求めます。私の
持っていたのは「辞苑」という古い書で叔父から借りたものでした。

小学5年頃だったか、終戦後、学校の授業も落ち着いて、
国語の宿題も出るようになり、漢字の読み書きや、意味を
調べることなどよくあったのですが、父母に聞いても、もう
答えられなくなり、近くの祖父母宅へ行き、叔父に聞いたり
したのですが、煩くなったのか、自分で調べろ!と
貸してくれたのが「辞苑」。綴じ糸が崩れたようなぼろぼろ。
ずっしりと重い「本」でした。
今思うと、古本屋ででも求めたものでしょう。
それがまぁ、子供ながらも、何でも書いてあって驚いたものです。

しばらく経って、それが後に「広○苑」に引き継がれたことを
知りました。今、側にあるのはもう30何年か前に自分用に
購入したもので、重宝して使っています。今は、ポケット用の
電子辞書類も沢山ありますねー。

叔父から借りたのはそのまま大事に棚に置いてあって弟達も
開いて使いました。人生で一番初めに出会った
「辞書}でした。叔父は82歳で亡くなり、一昨年7年忌でした。

* 叔母から貰ったクンシラン、今年も咲いて来ました。
Kunsiran

2010年3月 5日 (金)

3月なのに・・・

 3月に入り、もう5日も経ってしまいました。早いですねー。
テレビで観ておりますと、日本列島気温が20℃にもなった所も
あれば、道東では、20cmを越す積雪で、空路欠航になったり
様々です。小樽も今朝は真っ白の雪景色でした。

それでも日中、2℃になりましたらやはり、日差しは春の気配です。
所々舗装道路も顔を出し始めて参りました。街は除雪も進み、
今頃の汚れた雪はかなり片付けられておりますが、まだまだ冬の
佇まい。早く足元軽やかに颯爽と歩きたいですねー。
「颯爽と歩くなんて、いい年して」と、夫に笑われましたが。

話が前後しますが、3日「お雛まつり」は吹雪。雪桜が見事でした。
この日は、道立の高校入試。受験の中学3年生が元気に、
受験校へ向かうのに出会いました。我が家でも同年齢の孫がいます。
この春もまた、気忙しく過ぎて行くことでしょう。

Snow  *みごとにが咲きますように。
   写真は吹雪の後の雪桜

2010年3月 1日 (月)

今日から3月・・・・

 3月を迎えますと、あぁ、ようやく春になって来る、と気持ちだけは
明るくなって参ります。しかし今朝は10cm程の積雪、気温は-5.7℃。
日中も雪はちらつき寒い一日でした。日脚は伸びて夕方少し明るい
だけでも気忙しさから救われる思いです。

3月は「お雛まつり」で、娘達の幼かった頃は「ちらしずし」を作って
食べましたが、今は夫が「ちらしずし」と言うもので作ります。
いつもは、タラを買って来て「そぼろ」を作りますが、今年は手の痛い
ことを理由に手抜きします(笑)。

娘達の卒業と入試、夫の人事異動、慌ただしい引っ越しと片付け。
3月に入りますと、つい先日のことのように思い出します。
どんなに忙しくても何とか乗り越えて来て、あぁ、まだあの頃は
若かった!などと懐かしんでおります。

* 今年も咲いてくれるかどうかと心配していた「クンシラン」、
     もうすぐ咲くでしょう。楽しみです。
 Kunsiran

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »